熱中症とは?

夏になるとニュースでもよく出てくる熱中症。
全国で多くの人が熱中症で病院に搬送された等のニュースが頻繁に報道されます。

熱中症は、それほど身近で、しかも、こわい病気。
地球温暖化が進み、今後ますます熱中症は増えると考えられます。

そもそも、熱中症とは高温多湿が原因で引き起こされる様々な体の不調・障害・症状の総称で、症状はひとつではありません。また、熱中症というと、どうしても気温の高さに注目しがちですが、気温の高さだけでなく湿度の高さも熱中症の原因のひとつです。

なので気温は高くなくても湿度が高い状況で熱中症になることもあり、気温と共に湿度にも注意が必要です。熱中症が起きやすいのは、やはり外での活動時で、スポーツ時や、街中のアスファルトの道路上等での発症が多いようです。ただし、熱中症は室内でも起こりますので、室内でも油断は禁物。特に体力のない高齢者や赤ちゃん、幼児に対しては室内でも注意が必要です。熱中症にかかりやすい人は、赤ちゃんや幼児、高齢者、肥満の人、下痢の人、睡眠不足の人などです。また、熱中症の症状には、、脱水症状による頭痛・めまい・吐き気等を起す熱疲労、塩分やミネラルの不足により痙攣を起す熱痙攣、脱水症状等により血圧の低下・めまい・失神・顔面蒼白を起す熱失神、そして最も重い熱射病などがあります。なお、犬や猫といったペットも熱中症になるので、ペットを飼ってる人はペットに対する熱中症のケアも必要です。一大事にならない為にも、適切な予防と適切な応急処置の知識、そして適切な実行が必要です。

熱中症の予防

熱中症を予防する為には、生活面では、普段から寝不足や下痢を避け、太ってる人はダイエットしたほうがよさそうです。そして、普段から、水分を取りましょう。水分もただの水より塩分と糖分が含まれているスポーツドリンクなどのドリンクが良いです。また、外出の際は、風通しの良い服装で、できれば白系統の色の服装が良いです。また、日傘や帽子をかぶる等して直射日光を避けましょう。外出の際にもスポーツドリンクなどのドリンクを携帯して、頻繁に水分を補給したほうが良いです。また、最近では熱中症対策グッズなどもありますので、それらを利用するのもよいでしょう。

熱中症の応急処置


【軽い症状の場合】
軽い めまい や、体の一部(手足等)の痙攣といった軽い熱中症の場合は、
涼しい日陰やクーラーの利いた場所に移動し、衣類を緩め、うちわなどで体に風を送ってやり、氷や冷たい水で体を冷却したほうが良いです。ただ、氷や冷たい水で体を冷却する時に、いきなり氷や冷たい水を体にぶっかけたり、体ごと水の中に入ったりせず、脇の下・首・足の付けね・股の間などを氷や冷たい水を含んだタオルで拭きながら冷やすと良いです。そして、スポーツドリンクなどのドリンクを飲みましょう。この時、一気に飲むと胃痙攣を起す可能性があるので、少量ずつを頻繁に補給しましょう。また、吐き気や嘔吐がある場合は、飲んでも吐いてしまうかもしれないので、スポーツドリンクなどのドリンクを舌で舐めるなどして対処します。症状が軽い場合でも、一応、症状回復後に病院に行ったほうが良いです。なぜなら、熱中症の場合、その時は、症状が落ち着いたように見えても再発する可能性があるからです。


【重い症状の場合】
重い頭痛・めまい・吐き気・嘔吐・失神・全身の痙攣といった重い症状の場合は、
ただちに救急車を呼びましょう。一刻を争います。救急車が来るまでは、上記のように、涼しい日陰やクーラーの利いた場所に移動し、衣類を緩め、うちわなどで体に風を送ってやり、氷や冷たい水で体を冷却して、水分・塩分を補給しながら救急車の到着を待ちましょう。なお、救急車を呼んだ際に、この病院に行ってくれなど病院をこちらから指定するようなことを救急隊へ要望したりしないほうがよいです。指定した病院が受入可能状態かを確認してる時間の間に症状はどんどん悪化していきます。