熱中症の応急処置


【軽い症状の場合】
軽い めまい や、体の一部(手足等)の痙攣といった軽い熱中症の場合は、
涼しい日陰やクーラーの利いた場所に移動し、衣類を緩め、うちわなどで体に風を送ってやり、氷や冷たい水で体を冷却したほうが良いです。ただ、氷や冷たい水で体を冷却する時に、いきなり氷や冷たい水を体にぶっかけたり、体ごと水の中に入ったりせず、脇の下・首・足の付けね・股の間などを氷や冷たい水を含んだタオルで拭きながら冷やすと良いです。そして、スポーツドリンクなどのドリンクを飲みましょう。この時、一気に飲むと胃痙攣を起す可能性があるので、少量ずつを頻繁に補給しましょう。また、吐き気や嘔吐がある場合は、飲んでも吐いてしまうかもしれないので、スポーツドリンクなどのドリンクを舌で舐めるなどして対処します。症状が軽い場合でも、一応、症状回復後に病院に行ったほうが良いです。なぜなら、熱中症の場合、その時は、症状が落ち着いたように見えても再発する可能性があるからです。


【重い症状の場合】
重い頭痛・めまい・吐き気・嘔吐・失神・全身の痙攣といった重い症状の場合は、
ただちに救急車を呼びましょう。一刻を争います。救急車が来るまでは、上記のように、涼しい日陰やクーラーの利いた場所に移動し、衣類を緩め、うちわなどで体に風を送ってやり、氷や冷たい水で体を冷却して、水分・塩分を補給しながら救急車の到着を待ちましょう。なお、救急車を呼んだ際に、この病院に行ってくれなど病院をこちらから指定するようなことを救急隊へ要望したりしないほうがよいです。指定した病院が受入可能状態かを確認してる時間の間に症状はどんどん悪化していきます。